エッセイ緒方

日々のこと

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ナンバーワンにならなくてもいい

先日

自分の体についてだいぶ考えさせられた1件があって 

bish.japantokyotravel.com

その中で思ったのは

「ナンバーワンにならなくてもいい」 

っていうことかな

 

なぜかというと

「ナンバーワンになる能力が無い人がナンバーワンを目指してもナンバーワンになれないから」

 

当たり前っちゃ当たり前のことなのですけど

今更ながら気づいたという

自己評価が高すぎたのかなと

思っていて

 

負けじ魂とか

努力とか

がんばるとか

そういう考えに

脳内が麻薬のように汚染されていたと思う

 

女性を喜ばせる能力が無いのなら

女性と付き合わなければいいし

 

 

自分がどんなに努力しても

結婚できないし

恋人もできない

 

ブサイクな顔だったり

粗末なものだったり

ハンデを背負いながらそこで勝負する必要はないよね

 

自分は

メッシやクリスチャーノ・ロナウドのような

スポットライトを浴びるような人間ではないということ

 

思いっきり

勘違いしていたわけだね

 

今は

恋愛での成功を望むことじたいが

無理なことだとわかってしまったので

ナンバーワンではなくオンリーワンみたいな

そんな都合のいい話があるわけでもなく

 

恋愛して結婚して子供を作って

みたいな価値観

知らず知らずのうちに

植え付けられちゃって

そのラットレースに参加させられてたのかなと思う

 

できる人はすればいいと思うけど

自分にはできない

 

そのことに

気づくまでにだいぶ時間がかかっちゃったね

f:id:akari12345:20200530161129j:plain